日々のこと(母はいつもニコニコ☺ ただそれだけ

精神疾患歴25年、「笹の葉」のブログです。
主婦してます。

気持ちが高ぶる

*気持ちが高ぶる



気持ちは勿論落ちることがありますが、逆もあると思っています。


今日はそれを強く感じています。


物事をスルッと通り抜けて、「最高によくできちゃった〜」という時です。


私は躁うつ病と診断されたことはありませんが、自分の気持ちがその高ぶりについていけない(躁状態)ことがあると自分を宥めます。

理由は、そのままにすると後でどっと疲れるからです。

気持ちが疲れると、勿論体も疲れます。

そんなこと気にせずに、「成功した時は何でも思い切り楽しんじゃえ!それが自然体だよ!」という考え方もあると思います。

それも分かるのですが、後の疲れを味わいたくないというのがあります。

それに、高ぶった時の私は、後から思い返すとまるで自分では無いみたいなのです。

それは、気持ち的にも辛いです。

後悔もしてしまいます。


自分の視点だと、それは「子供」のような感じです。

子供は、楽しい時は素直に表現し、面倒を見ている大人が疲れるほどです。そして、怒るときも然り(それぐらい無邪気で可愛い存在です)。


自分の面倒は、自分で見たい。

いい大人ですもんね💦


なので、今日は家族には沢山話したい衝動に駆られました。思い切り手足広げて表現したいくらい。

でも、何か違和感があって、自分で気持ちが悪い状態。

なるべく話さないように、自分の軸を探しながら夕方の家事に専念し始めました(でも家族ですから、良いことがあったんだなと気づかれてはいるでしょう☆)。


自分にあった生き方を模索しています。

そうしたらきっと、自分の理想とする素敵な人に近づいていきそうな気がします。


今日は、仕事がうまく進んだんです。

そしたら、↑のようになったという話でした。

正直、就寝前の今でも高ぶり治まらず。


また、ペンを取ります。



ササノハ